2006年02月16日

帝王アイコン中国:万里の長城を守る監視チーム結成

中国という国は公共物を何より汚く使い大切にしない国である。
公共物は特に税金をしっかり払ってない浮浪者みたいな奴らの格好の餌食にされる。
万里の長城だけでなくもっと簡単な所から監視チームが必要だと思うんだけどなあ〜わーい(嬉しい顔)



中国当局は、観光客などから受ける損傷から「万里の長城」を保護するため、監視チームを立ち上げた。
 16日付のチャイナ・デーリー紙が報じた。万里の長城には毎年推定で1000万人ほどが訪れるが、ほとんどは北京からの観光に便利な八達嶺に集中。そのため、観光客による損傷が問題になっている。
 チャイナ・デーリーによると、「八達嶺の長城は落書きでいっぱいの状況」。公開されていない部分を登る者も後を絶たない、という。
 ただ、監視チームに加わった人々は、長城を訪れる観光客からの収入に頼っている地元出身であるため、監視に実効性があるのかどうかは不明。地元民の中には、非公開の部分にはしごをかけて有料で観光客に上らせたり、長城を自宅建設の材料にする者もいるとされる。
http://king-of-china.net/
posted by アジアの帝王 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレスメールアドレスアイコン1:

ホームページアドレスURLアイコン1:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13742213
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。